読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Q商会の研Q』

コント演劇・Q商会についてプロデューサー&脚本家の大畑がQ商会を研Qします!

コント演劇って?

「Q商会の芝居はどんな芝居なの?」
「気になるけど、どんなのか分かると観に行きやすい」
なんてよく言われますし、そう思っている方も多いかも知れません。

 

僕も、芝居をよく観に行きますが、どんな感じなのか知ってから観に行きたいです。

 

今日はQ商会はこんな芝居ですってのをお伝えしたいと思います。

 

Q商会は、ジャンル的には『コント演劇』です。
でも、『コント演劇』って言ってもよく分からないですよね。
コントライブ』なら、オムニバスで色んなコントが観られるってイメージが湧く。
ですが、『コント演劇』と言われると、お笑いなのかお芝居なのかよく分からないです。

 

良い演劇って、「笑って泣ける」のが最高!って言う方が多いですよね。
なので、『コント演劇』はその「笑って泣ける」をより強度高めでやろうというのが一つの狙いです。


しかし、Q商会の「笑って泣ける」の配分は笑い99%、泣ける1%くらいです。
消費税よりずっと少ないし、銀行の金利よりも少ないです。

 

Q商会の本公演の構成はだいたい、
前説的なコント(プロローグ)

様々なコントの羅列

これまでやったコントの総まとめ(エピローグ)
となっております。

 

「泣ける」は、エピローグのほんの数分で、あとは、基本的にはオムニバスのコントです。
しかし、鑑賞後は皆さん『一つの演劇』を観た気分になって頂けます。

 

なぜなら、各コントに伏線が張られていて、エピローグでそれを力ずくで回収する感じがあるからです(本当は美しく上手に回収したいですが……)。

 

「伏線と伏線回収」があって、ほんの少し「泣ける」があると、演劇っぽく感じてもらえるので、やはり『コントライブ』ではなくて『コント演劇』なのです。

 

8時だョ!全員集合』とも違う、『よしもと新喜劇』とも違う、『シットコム』とも違う、TVでやっているコント番組とも違う、変なジャンルにチャレンジしている劇団です。

 

なので、ちょっと変な笑いのスタイルを観たい! 青田買いをしたい! アーリーアダプターのあなた! そんなあなたには、是非、Q商会を観てもらいたいです!

 

宜しくお願いします!!!

ワーQショップについて

Q商会では、2週間に一度、ワークショップを行なっています(公演月やホリデーシーズンを除く)。
Q商会だけに、『ワーQショップ』と言う名前で行なっています。

 

参加はどなたでもできます。
約3時間のワークショップで、ゲームや身体表現、解放、アクション、笑いの講座などがあります。
ワークショップに何度も参加してくれた役者さんに、本公演にご出演して頂いたこともあります。

 

Q商会の公演は、これまで小さめの劇場で公演していながら、
無理矢理アクションをやったり、歌ったり踊ったりしていたので、
ワークショップでもアクションや歌や踊りもやります。

 

コント演劇をやっているので、
色んな笑いの講座もやります。

 

もちろん、大手の養成所や大きな劇団のワークショップほどきっちりしていないかも知れませんが、
味わい深く、オリジナリティあるワークショップはできていると思います。

 

Q商会がワークショップをやる意味としては、
やはり、本公演をより良いものにしたいからです。
これまで出演してくれた役者さんたちもマメに来てくれます。
やはり、ワークショップに来てくれる役者さんたちは、回数を重ねるたびに上手くなって行きますし、
Q商会カラーを理解してくれるので、とても助かります。

 

また、Q商会のことをもっとよく知ってもらいたいという意味もあります。
なるべくワークショップもオリジナリティを持ってやりたい。
オリジナリティをもってやれば、ワークショップに参加した方々に、
本公演に出たい! 本公演観に行きたい! そう思ってもらえるかも知れない。
そんな、期待を込めて運営しています。

 

と言う訳で、ワーQショップの宣伝でした。
2月も2回行う予定です。
詳しくは、ツイッターに情報出しますので、是非、ツイッターのフォローお願いします。

2017年!

Q商会の2017年の抱負は、「骨なしチキンにならない」。
もちろん、酉年だからこそ“トリ”にかけています。

 

2016年は、旗揚げしてからワンクールに一度は公演を打とう!

そう考え、突っ走った年でした。

 

2017年も、同じように数打ちたいですが、
昨年とは違った形で色んな取り組みをしていきたいです。

 

2017年8月の本公演の他に、
番外公演や、挑戦的な企画をやっていけたらいいなと思っています。

 

そう思えたのも、
Q商会を通じて若手の声優さんや芸人さんと一緒にやれたからだと思います。

 

今の若手の声優芸人さんたちは、
ただ声がいい、ただ笑いのセンスがあるだけでは売れないようです。
声優さんならば、
顔がいい、歌える、踊れる、トークができる、などなど……
芸人さんならば、
特技がある、面白エピソードがある、トークができる、などなど……
一つも二つも能力もしくは身につけなくてはいけないものがあるようです。

 

なので、彼ら彼女らは、普段からそういう意識を持っているので、

Q商会というコント演劇に挑む際にも、
お笑いリテラシーの高さや、チャレンジ姿勢の強さをとても感じます。

 

「私、これしかやりたくない」
そんなふうに言う人が誰もいないので、
これは、絶えず挑戦していく劇団でなくてはいけないな、
そう考えています。

 

脚本家、演出家、二人とも40代になりますが、
小学4年生くらいの頭でいられる、そんな大人でいたいと思います。

ブログ始めますQ

Q商会の大畑です。
Q商会のプロデュースと脚本担当です。
Q商会の活動の他に、(株)ギミックというゲーム制作会社で、
ソシャゲのシナリオや漫画原作を書いています。

これからこのブログでは、Q商会の色んなことを書いていこうと思います。
Q商会の成り立ちは?
Q商会はこれからどうなっていくのか?
Q商会の公演はどんな感じで作られているのか?
など、みなさんにQ商会のことをよく知ってもらって、
そして、もっと好きになってもらえるように、と思っています。

Q商会は、2015年12月に発足して一周年を迎えました。
この一年間に、4回の本公演+GigaFileTV公演を1回やらせて頂きました。
2017年は、さらなる飛躍の年にできるよう、
色んなオモシロを皆様にお届けしたいと思います。

沢山のオモシロを、沢山のみなさまにお届けしたいので、現在、
twitterでは、『フォロワーアップ大作戦!』と称しまして、
色んな企画をtwitter上で展開しております。
是非、Q商会のtwitterをフォローして下さいませ!!!

Q商会のtwitterはこちら↓

https://twitter.com/Q_show_kai

 

今回はこれから始まるブログの紹介でした。

これからどうぞヨロシQ〜!