『Q商会の研Q』

コント演劇・Q商会についてプロデューサー&脚本家の大畑がQ商会を研Qします!

ミュージカルシーンのコント

『オソルべきジンタイ実験』稽古、順調に進んでおります。

 

Q商会の公演は、
第3回公演の『スリーハンドレッドミリオン』から、歌を入れ始め、
『ギャンブルウ』から、ミュージカル的なシーンを入れ始めたのですが、
今回も、そういったシーンは健在です。

 

たぶん、僕がミュージカルが大好きで、
演出の内田くんが元バンドマンっていうのがあって、
音楽を入れたがるんだと思います。

 

それで、先日、ミュージカルシーンの稽古が始まったのですが、
ミュージカルシーンを担う、名倉七海さんがすごいです。
演出の内田くんの振り付けを、一度見ただけで覚えるし、
何よりダンスの動きがとてもキレイ!
さすが、エアギターチャンピオンです。

 

コントは、何かに突出している人が出演すると、
それだけでキャラが描けたり、笑いやアクセントが作れるので、
何かに突出しているってのは凄く大事だと思いました。

 

そんなわけで、ミュージカルコントが観られる、Q商会。
チケット絶賛発売中です

 

ぜひぜひ、観に来て下さいませ!

稽古3日目です!

本日は『オソルべきジンタイ実験』稽古3日目でした。

 

なかなかの大所帯なので、まだ全員が揃った日はないのですが、
代役を立てつつ、稽古は順調?に進んでおります。

 

Q商会の稽古の序盤あるあるですが、
若い子たちは元気が無くて(消極的?)、
おじさまたちは、元気があります。

 

おじさまたちは、ぶち込んでくるし、
ある意味、とても若いと思います。

 

毎回、「今回こそは若い子たちがぶちこんでくるんじゃないのか?」
と、期待を持っているのですが、
恐縮しているのか、探っているのか……
「こいつやってきたなー」って人はまだ現れていません。

 

でもでも、まだまだ、
稽古は始まったばかり、期待しておりますっ。

 

と、元気なおじさまが稽古を頑張っております、
『オソルべきジンタイ実験』チケット予約開始しております。
どうぞ、宜しくお願いします!

 

稽古が始まりました!

稽古が始まりました!

カンパニーの初めての稽古は緊張しますね。
演者さんは、初めましての方もいるし、どんな本渡されるんだろう?配役はどんなんだろう?と緊張しているでしょうし、演出部や制作側もこれからの稽古楽しく、そして滞りなくできるかどうか、初めが肝心と緊張しています。

 

ですが、お笑い芸人の方々の楽しさでぐっと場が和み、初回の稽古は楽しく実りある稽古にできました。
なんでも笑いは潤滑油ですね〜♪(´ε` )

 

稽古終わりの親睦会もほとんどの方が参加してくれて、だいぶ仲良くなれたのでは、と思います♪(´ε` )

 

そんな、Q商会「オソルべきジンタイ実験」チケット発売中です!

https://qshowkai.wixsite.com/osorubeki

執筆しながら何聴く?

今週末から「オソルべきジンタイ実験」の稽古が始まります。
やっと始まるぜっ!という気持ちと同時に、プレッシャーも感じます!
果たして今回のコントはイケているのだろうか?
今回のキャストにハマるのだろうか?
そんなことを毎度、稽古初日の本読みには感じて、ゲロ吐きそうになります。
取り敢えず、稽古初日に「終わり」までいった原稿をお渡しできそうです。
そして、初稿ではなくて第二稿をお渡しできそうです。

 

ということで、まだブログをしっかり書けないので、
今日もお茶にごしの話題です。
テーマは、脚本を書きながら聴いている音楽は何だろう?です。

 

脚本家の人たちは、多くの方が喫茶店とかファミレスで書いているみたいです。
そして、イヤホンで何か音楽を聴いていることが多いようです。

 

僕も、脚本はほとんど喫茶店で書いています。
中でも、安価なベローチェもしくはマックが多いです。
数ヶ月前に、ベローチェでドリンク3杯頼むと、黒猫のフィギュア(全5種類)がもらえたのですが、そのフィギュアコンプ3セット分しました。

 

それはさておき、僕も執筆中は、いつも何か音楽を聴いています。

 

毎回、執筆する内容に合わせてテーマ曲として聴くのですが、
今回は、やはり、コントを書いているので、
コントの雰囲気がある音楽をよく聴きました。
よく聴いたのは『レキシ』でした。
なんか、コントの時はこれが一番筆が進みます。
執筆時に集中力がなくなると、youtubeの『レキシ』のPVもよく見ます。

 

また、コント演劇ですが、演劇を書いているとも言えるので、
ミュージカルのサントラを聴くのも多いです。
今回は、この4つの再生数が多かったです。
『RENT』
ウィキッド
スクールオブロック
『リトルショップオブホラーズ』
『ハミルトン』

 

僕はレントヘッズなので、『RENT』はいつでも聴いているのですが、
スクールオブロック』とか『ハミルトン』とかは、
ニューヨークに行けないので、腹いせに聞きまくってやっています。
今年のトニー賞の作品賞にノミネートされている『恋はデジャヴ』めっちゃ観たいですね。
ウィキッド』は、この間、イディナメンゼルのライブに行ったので、その影響で沢山聴いたんだと思います。
『リトルショップオブホラーズ』は、あんな雰囲気のコントになればいいなって思っていたので。

 

というわけで、僕が執筆時に聴いている音楽から、どんな内容なのか紐解こうというコーナーでした(^^)

 

いよいよ明後日チケット発売になります!
是非、ご予約お早めに!

ためになるお笑い番組ふたつ

Q商会は、毎回、お笑い芸人の方にご出演していただいておりますが、声優さんや役者さんにも“コント”やピン芸”や漫才”にチャレンジしてもらっています。

 

芸人さんは、ある面とても頭が柔らかく、
コント演劇のコント部分”と”演劇部分”を助走なしで、
行った来たりできます。

 

また、そのコント部分”で『芸人然』としています。

 

その芸人さんの力がコント演劇には必要不可欠です。

 

それは、ずっとどうしてなんだろうと思っていました。
今も、まだきちんとした答えは見つかっていません。

 

ですが、現在テレビで放映されている2つの番組が、
そのヒントをくれています。

 

今日は、その2つの番組を紹介しようと思います。

 

1つ目は、『笑演(ワラエン)』(テレビ朝日)です。
http://www.tv-asahi.co.jp/waraen/
これは、芸人さんが書いたネタを役者さんが演じるというネタ番組なのですが、特に勉強になるのが、本読みや稽古しているシーンです。
芸人さんが、役者さんの演技について、アドバイスをするのですが、そこがとってもタメになります。

 

2つ目は、『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』(NHK)です。
http://www4.nhk.or.jp/P4484/
これも、欽ちゃんが役者に笑いやコント”とは何であるかを教えながら稽古する番組です。
欽ちゃんからは、言葉でなく動きで作る笑い”とそれを実現するための『瞬発力』と『一生懸命やる』というマインドセットが学べます。

 

Q商会、8月公演に向けて、ちょうどタイミングよく、この2つの番組が始まり、とても勉強になっている今日この頃です。

 

Q商会、次回公演『オソルべきジンタイ実験』は6月3日チケット発売です! ぜひ、観に来て下さいませ!

脚本進捗報告……!?

日々、脚本との格闘中です。

 

現在、ページ枚数的には75%、
クオリティ的には50%といったところでしょうか。

 

稽古が始まるまでには、
ページ枚数的には100%、
クオリティ的には75%くらいまで持って行って、
稽古中に何度かキャストの雰囲気に合わせて修正し、
稽古半ばにはホン的に100%を目指す計算です。

 

といった、内輪向けの進捗報告になってしまった、
今日のブログです。ちゃんちゃん。

青山ひかるさんの麻雀、感動したなぁ

さてさて、昨日ようやく次回公演の情報解禁となり、
特設サイトが公開されました。
特設サイトはコチラ → https://qshowkai.wixsite.com/osorubeki

 

今回は、青山ひかるさんが出演されます!
青山ひかるさんと言えば、きっとみなさん「有吉反省会」で、
その姿を見たことがあるという方が多いのではないでしょうか?

 

私は、先日、AbemaTVでやっていたグラビアアイドルの脱衣麻雀
出演されているのを見たのですが、
それがスゴく感動的で、めっちゃ面白かったのです。

 

その脱衣麻雀って企画は、勝たないと脱げないというオモシロルールでした。
しかし、番組終了が迫っていても唯一、青山さんは脱げていませんでした。
ずっと青山さんの手を見ていましたが、ツキがあまりなく、展開も味方してくれていませんでした。

 

しかし、最終戦最終局。
青山さんに手が入ります。
麻雀は、4人で打つのでいつでも自分がアガることはできませんし、
運に左右される、不平等な競技です。

 

ですが、本当に強い人、もっている人は、
アガりたい時、勝負が決まる時、魅せられる瞬間に手が入り、アガりきれます。
それが、もっている人、本当に強い人です。
2009年第二回WBCイチローの決勝タイムリーみたいな感じですね。

 

青山さんは、その最終戦最終局、先制して手が進みますが、
周りにも追いつかれ、またアガれないのか……? という空気が卓上に流れます。
しかし、青山さんのスター性と視聴者の応援のパワー、
番組を作っている方々の願いが一体となり、
見事、その手をアガリきり、トップとなり無事に脱衣することができました。

 

脱衣麻雀で、感動を生むなんて、なんて才能でしょう。

 

という訳で、
そんな青山さんに会えるチャンスです!
チケット発売は6月3日!
ぜひぜひ、Q商会第5回公演『オソルべきジンタイ実験』観に来て下さいね!